築年数が少ないほど高く売れるのか?

不動産を売却する際、築年数と売却金額は大きく関わってくるのか? - 築年数が少ないほど高く売れるのか?

築年数が少ないほど高く売れるのか?

yjtdjyd不動産を売却したいと考えている場合、やはり築年数が少ない方が査定の際には有利になるのでしょうか?
もちろん全てが全てそうとは限りませんが、基本的には築年数が少ないほど高い価格で売れる傾向にあります。

建物の評価は10年が目処

建物の評価というのは、基本的に10年が目処となります。
したがって、10年以内であれば建物も査定の対象となるのですが、10年を過ぎてしまうとほぼ土地だけの価格になってしまうのです。
それを考えると、やはり10年以内に不動産を売却するのがベターだと言えますし、少しでも高値で売りたいのであれば、なるべく早く売るに越したことはありません。

10年で価値がなくなってしまう理由

では、なぜ建物は10年で価値がほとんどなくなってしまうのでしょうか。
やはり、不動産を購入する人の多くは、築年数が10年以内の物件を探す傾向が強いのです。
そのため、どうしても10年を過ぎてしまうと、よっぽど建物の状態が良いか、立地条件が優れていない限りは、需要が大きく減少してしまうことになるのです。

築年数が20年を超えている場合

築年数が20年を超えている場合、どうしても建物の需要が低いことから、更地にした方が買い手が見つかりやすいとも言われています。
確かに、更地にした方がすぐに新しい家を建てることができるわけですから、そうした方がいい場合もあります。
ただ一方で、中古住宅をリフォームするというケースも多いことから、更地にした方が絶対にいいとも言えないのです。
もしも、築年数が20年を超えているのであれば、リフォーム向け物件として売りに出す方法もあります。
もちろん、土地物件としても売りに出してみて、その上でどちらの条件がいいかを比較してみるわけです。
そして、最終的に良い条件で売却をすればいいでしょうから、最初から更地だけにこだわる必要はないのです。

必ず評価がゼロになるとは限らない

ただ、築年数が10年や20年以上経っているからと言って、必ずしも評価がゼロになるとは限りません。
定期的にリフォームを行っていたり、耐震性に優れていたり、立地条件が良かったりすれば、一定の評価が付くケースも多いです。
したがって、築年数がかなり経過しているからと言って、安易に土地だけの価格で売ろうとせず、建物の査定もしっかりと行うようにしましょう。
その際には、必ず複数の不動産業者に依頼をして、それぞれの評価を比較するようにしましょう。

不動産価値の推移を定期的に調べておく

もし今は不動作を売却するつもりはなかったとしても、いつその機会が訪れるか分からないわけです。
ですから、定期的に不動産価値の推移を調べておくといいでしょう。
インターネットの情報サイトを活用したり、周囲の建物も物件価格をチェックしたり、路線価を参考にしたりするといいでしょう。

必ず専門家に相談をする

いずれにしても、将来的に不動産の売却を検討しているのであれば、業者に査定を行ってもらう前に、必ず専門家に相談をするようにしましょう。
よっぽど不動産関連に詳しい人ならいいのですが、大半の人はよく分からないと思うので、自分だけで決めないようにしましょう。
必要であれば、経験者に質問をしてみたり、ネットの相談サイトなども活用してみるといいでしょう。
とにかく、売ってから後悔だけはしないように、事前にしっかりと下調べを行うようにして、時間をかけてでも有利な条件で売れるように努めるようにしましょう。
不動産売却の方法とは?
不動産売却について困ったことがありましたら不動産売却査定君【http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/】にご相談ください!!

Copyright(C)2016 築年数が少ないほど高く売れるのか? All Rights Reserved.